中国が北朝鮮に医師団派遣 金正恩氏“健康不安説”の中

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の健康不安説が取り沙汰される中、中国が北朝鮮に医師団を派遣したとロイター通信が伝えた。

ロイター通信は、中国の複数の消息筋の話として、中国共産党の中央対外連絡部の幹部と医療専門家らが、北朝鮮に向け23日に北京を出発したと報じた。

4月11日以降、公式の場に姿を現していない金委員長の健康状態については不明としながらも、派遣の目的は医療的なアドバイスをするためとしている。

一方、中朝関係筋はFNNの取材に対し、心臓外科などの専門医6~7名が19日、北朝鮮に入ったと述べ、近く医療機器を持って行く可能性もあると明らかにした。

医師訪朝は、22日ごろから中国のSNSで出回っていて、情報が錯綜(さくそう)している。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_c…

(2020/04/25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です